借金問題における司法書士の存在

借金の返済が出来なくなってしまった場合など、司法書士に依頼をする場合があります。
司法書士は借金問題に関するものだけではなく、様々な公的文書を作成することが出来る人達のことです。
弁護士と同様に、国民の権利を守るために活動しています。
当然、借金問題の解決も請け負ってくれます。
しかし、弁護士と同じことが出来るというわけではありません。
司法書士は基本的に書類を作成するのが仕事となります。
借金問題の場合でも裁判所に申し立てをし、その際に必要となる様々な書類を揃えることなどは司法書士に依頼することが出来ます。
しかし、訴訟の手続きなどの作業は全ての司法書士が出来るというわけではありません。
こうした作業を行えるのは簡裁代理権というものを認定された司法書士である必要があります。
この認定を受けているのであれば、弁護士と同様の活動が出来るというわけです。
この制度の登場によって、現在では今まで以上に司法書士は借金問題に携わることが出来るようになりました。
司法書士は日本司法書士会連合会に加入していて、その地方ごとの組織として司法書士会が存在します。
借金について悩んでいて、司法書士の助けを借りたいという場合は、この司法書士会に相談してみましょう。
過払い金の請求方法について

メニュー