借金問題における弁護士と司法書士の役割

借金の返済が期日までに出来ず滞ってしまった場合、金融業者側から督促が来ます。
督促は電話や手紙などで行われ、場合によっては職場にも電話がかかってきます。
こうした督促は大きなストレスとなってしまうでしょう。
こういった状況になってしまった場合、1人で悩まずに弁護士や司法書士に相談するのが良いでしょう。
弁護士や司法書士に借金の返済について相談、依頼した場合、まず督促を止めてくれます。
これは、弁護士や司法書士が間に入った場合、金融業者は債務者と直接交渉することが禁止されているからです。
その後は解決まで、基本的に金融業者と弁護士、司法書士との交渉になります。
万が一、金融業者から督促などが直接あった場合、これは法律違反で罰せられることになりますので、依頼している弁護士、司法書士に相談してみましょう。
また、弁護士や司法書士に依頼すると債務整理に関する面倒な手続きを全て代わりに行ってくれます。
非常に心強い存在となりますが、当然依頼したからには報酬を支払う必要があります。
依頼する場合にはまず報酬の支払いについてしっかりと確認をし、弁護士、司法書士と話し合っておくことが大切です。
借金問題の解決方法

メニュー