借金の返済が出来なくなってしまった場合

テレビドラマや映画などで、借金が払えなくなってしまった人が自宅にまで取り立てに来られているシーンなどを目にします。
実際にはこうした強引な取り立てはほとんど無くなっているものの、借金の返済が遅れてしまえば電話や手紙などで督促が来ます。
こうした督促は借り手にとって大きな精神的負担となります。
お金を借りるという行為は誰もが行っているものと言えますが、借金をする場合には本当に返済を出来るのかどうかを第一に考えなければいけません。
無計画に借金を重ねていけば返済が出来なくなり、督促に苦しむことになってしまいます。
すこしくらいの遅延であれば電話や手紙での督促ですが、金融機関に連絡を取らないまま返済をしないでいると、最終的には裁判所から支払いの命令が来ることにもなります。
この時、なんらかの理由があって返済が出来ないという場合には異議申し立てをすることが出来ます。
異議申し立てをすると正式に裁判をすることになり、裁判で問題を解決することとなります。
もし異議申し立てをしないでいると、金融機関側の言い分に間違いが無いということとみなされ裁判所から強制執行を受けることとなります。
過払い金請求の方法

メニュー