特定調停のメリット

借金の返済が出来なくなってしまった場合、債務整理を行って問題を解決する必要があります。
その方法の1つとして特定調停がありますが、この方法にはどのようなメリットがあるのでしょうか。
まず、特定調停の場合一部の債権者を除外して手続きを進めることが可能です。
保証人を立てている場合など、その保証人に迷惑を掛けたくないという場合には便利です。
また、特定調停の場合、手続きを進めている途中であっても手続きを中止することが可能です。
状況が変わり、特定調停を行う必要が無くなった場合などは手続きを中止すると良いでしょう。
さらに、特定調停は自己破産を申し出た時に免責不許可事由となってしまった場合でも手続きを行うことが出来るようになっています。
特定調停は他の手続きよりも手続きが簡単で、自由も多いと言えるでしょう。
実際に、用意しなければいけない書類についても他の手続きよりも少なくなっています。
手続きが複雑ではないということは、個人でも手続きを進めることが容易となりますし、準備に時間がかからないのでその間に家族や知り合いに知られてしまうという可能性も低くなります。
こうした点が特定調停のメリットと言えるでしょう。
債務整理できれいさっぱり!

メニュー