特定調停の流れ

借金の返済が出来なくなってしまった場合、債務整理をすることになります。
例えば、特定調停を申し立てた場合で見てみると、申し立てから2週間から1ヶ月程度で第一回の調停日の呼出状が届き、その日に裁判所に出向くことになります。
裁判所では調停委員が申立人に足しして返済可能な額を確認します。
この時、借金返済額だけではなく、現在の生活状況や収入などの経済的な状況も詳しく聞かれることになります。
この話し合いは約1時間から2時間ほどの時間がかかります。
調停委員には自分の希望を話すことも出来ますが、全ての要求が認められるわけではありません。
この第一回の調停日から約1ヶ月ほどが経過すると、第二回の調停日が決定されます。
第二回の調停では調停委員と債権者側が話し合いを行うことになります。
債権者ごとにそれぞれ話し合いを行っていきますので、債権者が多い場合は1日で全てのスケジュールが消化されない場合もあります。
調停委員はこの話し合いで借金の返済が可能になるように調整をしてくれます。
その後特定調停が成立すれば調停調書が送付され、債務者と債権者が和解したということになります。
その後は借金の返済を改めて行っていくわけですが、もしも支払いが出来なくなってしまった場合には財産の差し押さえが行われます。
過払い金は取り返せます!

メニュー