クレジット・サラ金被害者連絡協議会の存在

借金の返済を行っていくうえで、何か苦情や問題点などがあるという場合、被害者団体に申し出ることが可能です。
日本では1982年にクレジット・サラ金被害者連絡協議会という組織が設立されており、高金利や強引な取り立てといった被害を受けた被害者達が借金返済で悩む人を無くすために様々な活動を行っています。
借金の返済に苦しんだことがある、または現在苦しんでいる、そうした人達がそれぞれに連絡を取り合い、お互いを支え合うという目的もあります。
このクレジット・サラ金被害者連絡協議会は全国各地にサラ金被害者の会というものも作っており、借金の返済で悩んでいる人を救おうという目的のもと活動を行っています。
借金の返済で悩んでいる人というのは、その大半が誰にも相談出来ずに1人で問題を抱え込んでしまっています。
そうした人達同士が一致団結し、借金問題の被害者を減らそうというのが基本理念となっています。
借金の返済について悩む原因の多くは高い金利、過剰な貸し付け、そして強引な督促にあります。
クレジット・サラ金被害者連絡協議会では弁護士や司法書士とも連携を取り、こうした被害を未然に防ぐように努めています。
主婦でも借りれるローン・キャッシング情報

メニュー