知人から借金についての相談を受けたら

皆さんは友人から借金のことで相談したことがあるなどと言われたことはないでしょうか。
こうした場合、実際に相談に乗ると最終的にはお金を貸して欲しいという話になることがほとんどです。
友人からしても、どうしても借金を返済することが出来ず辛い思いをしながら相談していることと思います。
しかし、だからと言って返済分のお金を貸してしまうことは良いことだとは言えません。
お金を貸してあげることによって、友人は確かに借金の返済を行うことが出来ます。
ですが、これは一時的なものでしかありませんし、次の返済は自分で出来るとは限りません。
今後もお金を貸して欲しいと頼まれる可能性も充分にあるということを覚悟しておきましょう。
借金の返済に困っている人にお金を貸してあげるというのは根本的な解決には繋がりませんし、お互いに得をすることもありません。
相手が友人ならなおさらお金を貸すのではなく、借金問題の解決が出来るようにアドバイスをしてあげるべきでしょう。
例えば、その友人の生活状況を聞き、直せるところがあるのであればそこを指摘してあげるのも良いですし、弁護士や司法書士への相談を促してあげるのも良いでしょう。
今後安定して返済していくにはどうするのがベストなのかを一緒に考えてあげましょう。
キャッシング体験談 キャッシング生活を終わらせた方法

メニュー