自己破産について

借金の返済が出来なくなり、どうしようもなくなってしまったような場合、債務整理として自己破産をすることが出来ます。
自己破産が認められればそれまでの借金は全て免除されます。
この自己破産をするためには、まず裁判所に自己破産の申し立てをしなければなりません。
正しい手順を経て、裁判所によって免責の決定が行われます。
免責が下りれば借金の返済が免除されるということになります。
自己破産をするためには借金の額は問われません。
100万円であっても自己破産をすることは可能です。
また、自分が自己破産をしたからといって家族などが代わりに借金を払っていくということもありません。
自己破産が認められた時点で借金は完全に消滅します。
しかし、自己破産をする場合には不動産といった財産を手放さなければなりません。
株式や貯蓄も該当します。
しかし、生活に必要な家電製品などの財産を没収されることはありません。
自己破産をしたということを誰かに知られてしまうという心配もなく、借金の返済から解放された生活を送り出すことが出来るようになります。
財産を一部失うというデメリットもあるものの、借金に悩んでいる方は自己破産を検討するもの良いでしょう。
キャッシングの上手な利用法|消費者金融の審査や特徴

メニュー