借金が返済出来なくなった場合の取り立てについて

なんらかの理由によって、借金の返済がどうしても出来なくなってしまうという状況は決して珍しいものではありません。
数日遅れてしまうくらいであれば大きな問題にはなりませんが、ある程度の期間返済が滞った状態が続くと、金融機関側から督促が行われることになります。
督促は自宅や職場に電話がきたり、手紙で督促状が郵送されてくるのが一般的です。
しかし、中には自宅に押し掛けてきたりといった強引な取り立てを行う業者もあります。
過去にこうした取り立てが大きな問題となり、現在では多くの金融機関はこうした取り立てをしてはいませんが、まったく無いとも言えません。
もちろん、こうした取り立ては違法です。
もし強引な取り立てをされたというのであれば、警察や弁護士に相談することも検討しましょう。
悪質な取り立てはもってのほかですが、こちらも借金の返済をいつまでも遅らせるわけにはいきません。
督促自体は認められている行為ですし、支払いが出来なければいつまでも督促に悩まされることになります。
法律に違反していない督促であっても、債務者からすれば大きなストレスとなります。
早急に解決する策を探しましょう。
消費者金融ごとの特徴|キャッシングnavi

メニュー