任意整理のメリット・デメリット

借金の返済がどうしても出来なくなってしまった場合、弁護士や司法書士に依頼することで任意整理を行うことが出来ます。
任意整理とは、弁護士や司法書士が金融機関と交渉することで返済額を見直し、改めて返済をしていけるように話し合うものです。
自己破産とは違い、借金が無くなるということはなく、あくまでも返済に向けた手続きとなっています。
任意整理のメリットとしては裁判を行う必要などがなく、面倒な手続きがありません。
裁判を行う必要がある自己破産などは、用意しなければいけない書類も多く、大きな負担がかかってしまいます。
こうした負担が無いというのが任意整理のメリットの1つと言えるでしょう。
また、任意整理の場合は債権者の中に除外した業者が居る場合など、希望に応じて除外することも出来ます。
こうしたメリットがある任意整理ですが、当然デメリットもあります。
任意整理は自己破産などと同じで、一度行ってしまうといわゆるブラックリストに載ることになります。
ブラックリストに載ると、借金を完済していても任意整理をしてから数年間はローンを組むことが出来なくなってしまいます。
こうした方法は最後の手段であると考えてください。

メニュー