個人民事再生手続きの際に気を付けたいこと

個人民事再生という手続きは、借金の総額から元本を減らすことが出来る手続きです。
つまり借金の返済額が少なくなりますので、これまで以上に返済が楽になります。
こうして見ると個人民事再生は非常に便利なシステムであるようにも思えますが、当然メリットだけではなくデメリットもあります。
個人民事再生は自己破産とは違い、自分の資産を失ってしまうようなことはありませんが、複数ある債務整理の中でも非常に複雑な手続きが必要になります。
実際に借金の額を減らしてもらうためには、住民票や給料明細といった書類をはじめとして、多くの書類を用意する必要があります。
さらに、保証人も必要です。
こうした作業が大きな負担となってしまうでしょう。
とは言え、個人民事再生を行ったことが他の人に知られてしまうような心配はありません。
会社などにも知られることなく手続きを行えます。
しかし、債務整理の1つであるため、ブラックリストには掲載されてしまいます。
ブラックリストに載るとその後7年間はローンを組むことが出来なくなってしまいますので、これが一番のデメリットと言えるかもしれません。
バイナリーオプション

メニュー