債務整理の種類について

毎月の返済さえ問題無く行えるのであれば、借金は困った状況を救ってくれる便利なものです。
しかし、誰もが必ず返済を行えるというわけではありません。
なんらかの理由により毎月の返済が出来なくなってしまう人も大勢います。
借金の返済は一般的に3年から5年ほどの期間で完済することになっています。
しかし、どうしても返済が難しい場合には毎月の返済額を減らすなどして対応するのが債務整理という手続きです。
債務整理にもいくつかの種類があり、自己破産、任意整理、特定調停、個人版民事再生などがあります。
例えば、任意整理の場合、利息制限法に基づいて利息を再計算し、その結果返済額を減らして返済を楽にしようというのが目的の債務整理となっています。
しかし、任意整理は債権者との交渉で和解しなければなりませんので、一般的には任意整理後3年から5年で返済が終わる、また、毎月の返済額が5万円未満にはならないなどの条件でなければ和解は難しいとも言われています。
こうした理由により任意整理は難しいという場合、自己破産や特定調停といった別な手段を講じることになります。
この2つの違いは、特定調停は毎月借金を返済していく方法で、この場合は自分の財産を失うということもありません。
一方、自己破産は借金を全て帳消しにすることが出来るものの、自宅をはじめとして財産を失うことになります。
最後に、個人版民事再生とは、比較的新しく誕生した方法で、任意整理のように利息ではなく、元金そのものを減らして返済を再開する方法となっています。
バイナリーオプション

メニュー