禁止されている督促

金融監督庁が定めた取り立て規制というものがあり、貸金業者、もしくは借金の督促を依頼された人物は借主、または保証人に恐怖を感じさせたり不安にさせたりしてはいけないというように決められています。
具体的には督促人が大声をあげて借主を威嚇したり、暴力的と言える態度を取ったりすることを禁止しています。
また、督促の際に3人以上の人間で訪れることも借主を不安にさせるとして禁止されています。
督促人が借主の生活を脅かすような行動を取ることももちろん禁止です。
具体的には夜9時から朝8時の間に電話で督促をしたり、自宅に訪問したりしてはいけないというものです。
張り紙なども禁止です。
勤務先に訪問するといった行動も当然生活を脅かす例にあたります。
こうした督促以外にも、金融機関側が別な業者から借金をするように借り手に持ちかけることも禁止されています。
これは結果的に多重債務の原因となり、借り手にとってより不利な状況になってしまうことが多いからです。
この他にも、弁護士や司法書士に依頼して債務整理をした後に、金融機関側が借り手に対して借金の返済を要求するということも禁じられています。
こうした点を守らない場合、金融機関は懲役や罰金刑の対象となります。
ペニス増大サプリの人気ランキング!

メニュー