個人民事再生の流れ

借金の返済が出来なくなってしまった時、借金の一部を減額し、その後改めて返済を行っていく個人民事再生というものがあります。
この個人民事再生の手続きは約半年ほどの期間が必要となります。
まず、自分が住んでいる地域にある裁判所に申し立てを行います。
この時点で金融機関側からの督促などはストップします。
借金の返済が出来ずに困っている方の場合、これだけでも大きな負担減となるでしょう。
裁判所に申し立てが済むと、その後はこの先一緒に個人民事再生を行っていく個人再生委員が決定されることになります。
この個人再生委員と面接をし、そこで借金についての状況などを話し合います。
面接が終わると個人民事再生の開始が正式に決定され、借金の総額が改めて見直されることになります。
この時点でどの程度借金が減るのかを知ることが出来ます。
その後、財産目録を提出し、個人再生委員と共に再生計画案を作成していきます。
再生計画案が完成すると、書面決議もしくは意見聴取が行われ、個人民事再生の認可が下りるかどうかが決定されます。
認可が下りればここで個人民事再生の手続きは終了となります。
その後は減額された借金を3年から5年ほどかけて返済していくことになります。
食材宅配サービスの人気ランキング!

メニュー