個人民事再生の条件

債務整理の方法の1つに、個人民事再生というものがあります。
多重債務などで借金の返済が出来なくなったしまった場合に、借金の額を減らし、返済可能な状態にするというのが目的です。
借金をする場合、多くの人が返済可能だと思ってお金を借ります。
しかし、一度返せなくなってしまうと新たに借金をして返済を行い、その結果、借金は膨らみ多重債務と陥ってしまいます。
借金が返済出来ない状態というのは大きなストレスとなり、中には自殺を図ってしまうような方もいます。
そこまで追い詰められてしまう前に、個人民事再生などで借金問題の解決を目指しましょう。
個人民事再生を行うにはいくつかの条件を満たしていなければなりません。
まず、今後借金の返済を行っていくことが出来ないと判断されなければなりません。
例えば現在返済が出来ていても、近い将来返済不可能になると認められた場合などでも大丈夫です。
次に、個人民事再生を行えば今後借金の返済をしっかりと行っていけると判断されなければいけません。
つまり、安定した収入がなければ難しいということになります。
そして最後に、個人民事再生は住宅ローンには利用出来ません。
住宅ローン以外に5,000万円以下の借金がある場合のみ、個人民事再生を行うことが出来ます。
浮気?って思ったら浮気調査

メニュー