個人民事再生に必要な費用

借金の返済が出来なくなってしまった場合、個人民事再生という方法があります。
弁護士や司法書士に依頼をして必要な手続きを進めていきましょう。
弁護士や司法書士に依頼するのは、こうした手続きが非常に複雑で、個人で行うには大変だからです。
弁護士や司法書士に依頼すればこうした面倒な手続きをスムーズに進めることが出来ます。
しかし、この場合には当然報酬を支払わなければなりません。
借金の返済が出来ない状況で報酬を支払うというのは大変かもしれません。
また、個人民事再生を行う場合、まず20万円ほどの予納金を納める必要があります。
20万円の内訳は個人再生委員報酬が191,928円で、その他に収入印紙代が切手代を入れて20万円ほどになります。
弁護士や司法書士への報酬とは別に、さらに20万円というお金を用意するのは非常に大変なことだと言えます。
弁護士や司法書士へ支払う報酬は決まっているわけではなく、各弁護士や司法書士の方針や、債権者の数などでも変わってきます。
事前にしっかりと報酬について確認しておくことが大切でしょう。
また、報酬については個人民事再生が認められた後、分割で支払ってくれれば良いという弁護士や司法書士もいます。
これなら報酬も支払いやすくなるでしょう。
浮気の証拠を掴む!浮気調査

メニュー