自己破産と保証人について

借金をどうしても返済出来なくなってしまった場合、債務整理によって問題を解決することが出来ます。
債務整理には任意整理や特定調停、個人民事再生、そして自己破産があります。
自己破産をする場合、借金に保証人がいる場合、債権者は保証人に対して借金の返済を請求することが可能です。
なんらかの理由で借金の返済が出来なくなってしまった時、代わりに返済を行うのが保証人ですから当然のことなのですが、保証人になって欲しいと頼まれた時は自分が返済をすることにはならないだろうと考えてしまうものです。
保証人になる場合には自分が返済することになってしまうかもしれないということをしっかりと認識しておきましょう。
また、お金を借りる場合に保証人になってくれる人を探す必要がある場合もあるでしょうが、最近では保証人を保証人協会で探すということも増えています。
とは言っても、保証人協会にお願いする場合に高額な費用が必要になりますので、そのせいで借金の返済が難しくなってしまうようでは意味がありません。
そのためやはり知人を保証人に、という人も多いでしょう。
親しい間柄の人に迷惑をかけないためにも自己破産をしようと考える場合にはまず保証人に充分に相談をしましょう。
梅田でレーシック手術が受けられる病院はここやぁ!

メニュー