特定調停の申し立てについて

借金の返済がどうしても出来なくなってしまった場合、特定調停を申し立てるという選択肢があります。
特定調停を申し立てるのであれば、お金を借りた金融機関の本支店がある地域の簡易裁判所に申し立てを行います。
複数の金融機関からお金を借り入れている場合だと、それぞれの本支店が別な地域にある場合も考えられます。
こうした時は返済額の最も多い金融機関の所在地で申し立てを行ってください。
その後はその裁判所で全ての債権を一括で処理してもらうことが出来ます。
しかし、場合によっては別な裁判所に移送となる場合もあります。
自宅から裁判所までが遠く、出向くのが困難な場合にも自宅近くの裁判所に受け付けてもらうことが可能です。
特定調停は債務整理の中でも最も手続きが簡単な方法と言えます。
特定調停を申し立てるために必要となる書類は、申立書、関係権利者一覧、そして、債務者に関する資料となります。
これは給料明細などが該当します。
借金の返済が出来ない状態というのは、経済的にも精神的にも非常に辛い状態と言えます。
返済が出来なくなれば督促も来るようになりますし、なおさらです。
こうした場合はすぐにでも債務整理を行って借金問題の解決に動き出しましょう。
過払い金返還請求の相談

メニュー