不当利得返還訴訟について

借金の際に設定される利息については、利息制限法によってその上限が決められています。
もしこの利息制限法の上限以上の利息が設定され、その利息を支払い続けてきたのであれば、払い過ぎていた分のお金の返還を求めることが出来ます。
しかし、金融機関側も出資法の制限内の利息なので問題ないと返してくる場合も多くあります。
こうした場合は不当利得返還訴訟を起こすことが出来ます。
この訴訟は比較的簡単な手続きで行うことが出来るため、弁護士や司法書士に依頼せず、個人で起こすことも充分に可能です。
訴訟を起こす場合、まずは金融機関側からこれまでの入出金の明細書を取り寄せる必要があります。
金融機関にはこれまでの支払状況などを整理したとからと伝えて取り寄せましょう。
明細書が届いたたら利息の計算をして、違反が無いかどうかをしっかりチェックします。
違反が見つかれば訴状を作成し、自分が住んでいる地域の管轄となっている裁判所に申し立てをします。
もし訴状の作成についてわからないところがあれば司法書士に相談してみると良いでしょう。
また、訴状は必ず3枚作成してください。
自分で持っておくもの、金融機関に渡すもの、そして裁判所に提出するものの3枚です。
その後は裁判所で自分の主張を述べ、和解が成立されれば過払い分のお金が戻ってきます。
優良な消費者金融でキャッシングしよう!

メニュー