個人民事再生の弁済基準について

借金の返済が出来なくなってしまった場合、債務者を守るための手段として債務整理という方法があります。
債務整理を行うことによって借金を全額、または一部減らすことで債務者の生活を立てなおそうというのが目的となっています。
債務整理にはいくつかの種類があり、例えば個人民事再生という方法があります。
この個人民事再生が認められた場合、その後の借金の返済については借金の総額によって変わってきます。
借金の総額が100万円未満の場合、その総額全てを返済することになっています。
100万円以上500万円未満の場合、100万円分を返済することになりますので、400万円の借金があるという方の場合300万円が減額されるということになります。
500万円以上1,500万円未満の場合、借金総額の5分の1に返済額が減らされます。
1,500万円以上3,000万円未満の場合、一律で300万円の返済となります。
最後に、3,000万円以上5,000万円以下の場合、返済額は借金総額の10分の1となります。
このような仕組みになっているものの、実際にはこのとおりに減額されない場合もあるようです。
これは預金が関係していて、300万円の借金がある場合本来なら100万円に減額されますが、預金が300万円以上ある場合など、100万円への減額にはならないようです。
FX自動売買

メニュー