利息制限法について

借金をした場合、当然その後返済をしていくことになります。
この時、お金を貸し付けた側は返済の際の利息について自由に決めることが出来るようになっています。
とは言っても利息にも上限があり、これは利息制限法という法律によって定められています。
この利息制限法では、元金が10円未満の場合なら年間の利息は20%まで、10円以上10万円未満の場合なら18%まで、100万円以上の場合なら15%までとなっています。
しかし、数多くある消費者金融の中にはこの制限を守っていない業者も存在するのが現実です。
つまり、こうした法律を知っておかなければ払わなくてもよい利息を支払ってしまっている場合があるのです。
任意整理などをした場合にはこの払い過ぎていた利息についても正しく計算し直し、過払い分は借金の返済に充てることが出来るようになっています。
お金を借りる場合には、必ず事前に利息について確認しておきましょう。
また、既に借金があるという方も利息制限法について勉強してみると良いのではないでしょうか。
万が一債務整理をすることになってしまった場合、利息の過払い分があるかどうかはとても重要となります。
バイナリーオプション

メニュー