利息制限法と出資法

借金をする場合に設定される利息については、業者によってその数字が変わってきます。
きちんとした契約が成立している場合、その契約に基づいて利息も返済していくというのが基本ではありますが、どうしても借金の返済が出来なくなってしまった場合には借りてを守るための決まりも作られています。
その決まりが利息制限法と出資法の2つの法律です。
利息制限法というのは、借金の際にかかる利息に上限を設けるもので、これにより高すぎる利息は設定することが出来ないようになっています。
具体的には、例えば借金が10万円以上、100万円未満の場合、利息は18%までとなっています。
しかし、もう1つの法律である出資法によると、借金の際の利息は29.5%までとなっています。
この上限を超えて利息を設定した場合には5年以下の懲役、または1,000万円以下の罰金が科せられます。
利息制限法は民事、出資法は刑事上の取り扱いとなっているという違いもあります。
つまり、業者が出資法に基づいて18%以上、29.5%未満の利息を設定している場合、利息制限法に基づいた請求をすれば過払い分の利息を取り戻し、借金の返済に充てることが出来ます。
借金をする場合には事前にしっかりと利息の確認をしましょう。

メニュー