個人民事再生とは

借金の返済が出来なくなってしまった場合に取る方法として、個人民事再生という方法があります。
個人民事再生は裁判所に申し立て、借金の一部を減額してもらうというものです。
ただし、住宅ローンにおいては個人民事再生を行うことは出来ません。
住宅ローン以外で5,000万円以下の借金がある場合には個人民事再生を申し立てることが出来ます。
また、自営業者でも会社勤めでも一定の収入があり、今後借金の返済を行っていくことが出来るとみなされていれば誰でも行うことが出来ます。
実際に申し立てをし、裁判所がこれらの条件に該当していると認定した場合、借金の一部が免除され、残った額を改めて返済していくこととなります。
具体的な申し立ての手順など、しっかりと把握していない方がほとんどだと思いますが、こうした作業は弁護士や司法書士に依頼して代わりに行ってもらうとスムーズに進み良いでしょう。
また、個人民事再生をを申し立てるタイミングですが、借金が増えれば増えるほどその後の返済も難しくなっていきます。
出来るだけ早い時期に個人民事再生を決断することも大切です。
弁護士や司法書士に支払う報酬も必要になりますし、手遅れになる前に検討を始めましょう。
口臭改善サプリメント

メニュー