借金の返済が出来なくなってしまったら

借金の返済が出来なくなってしまった場合、債務整理をして問題を解決するという方法があります。
この方法にはいくつかあり、まず任意整理という方法があります。
これは債権者と直接交渉をして改めて返済計画を見直すという方法で、一般的に交渉は自分で行うのではなく弁護士や司法書士にお願いします。
次に特定調停という方法があります。
裁判所の調停委員が間に入ってくれ、貸し手、借り手それぞれの言い分を聞き、最善の解決策を考えてくれる方法です。
次に訴訟を起こすという方法があります。
貸し手と借り手の言い分が平行線で和解が難しいような場合、裁判をすることによってどちらが正しいかを判断してもらうことになります。
次に個人民事再生という方法です。
この方法は借金の額を一部減額し、改めて返済を行っていく方法です。
自己破産のように自分の財産を多く失ってしまうといったデメリットも無いという点が特徴となっています。
最後に自己破産という方法があります。
自己破産は借金を全額免除してもらうことが出来る手続きとなっていて、免責が下りれば借金の返済をする必要がなくなります。
借金の返済に困った場合、これらいずれかの方法で問題を解決することが出来ます。
浮気調査なら信頼できる探偵へ依頼しよう!

メニュー