特定調停について

借金の返済がどうしても出来なくなってしまった場合、督促などに悩まされることになってしまいます。
しかし、民事調停法という法律によって債務者の立場は守られています。
この法律を活用したのが特定調停です。
特定調停を行うことによって借金の返済にかかる負担を減らし、より返済しやすくすることが出来ます。
具体的には返済の時期、返済額などを債権者と交渉し、改めて設定し直すことが可能です。
特定調停をする場合、まずは債権者側の管轄の簡易裁判所に申し立てを行います。
すると特定調停員が毎月どのくらいなら返済が可能なのかということを確認します。
その後簡易裁判所で貸し手と借り手が交渉していくことになります。
特定調停は借金の額が一部減額される方法としても知られていますが、実際には必ず減額されるというわけではありません。
減額される場合というのは利息制限法の上限である18%以上の利息を支払っていた場合に限られます。
しかし、減額されないとしても、返済時期や返済額を見直すことで借金の返済が可能になることは充分に考えられます。
借金の返済に悩んだら、弁護士や司法書士に相談をして特定調停を検討すると良いでしょう。
食品宅配サービス 安全な野菜の宅配ならココ!

メニュー