自己破産には財産が必要

借金をする場合、必ず利息がつきます。
この利息が原因で小額の借金であっても返済期間が長くなってしまうことが多くなります。
その結果借金の返済が難しくなり、返済のために新たに借金をし返済をする。
といったことが重なって借金はどんどん増えていってしまう場合があります。
借金が返済出来なくなった時には自己破産とう方法もありますが、自己破産は決して借金を無くすことが出来る便利な方法というわけではありません。
実際に自己破産を申し立てるとわかりますが、非常に大変なことです。
自己破産は借金を全て無くすことが出来るという点だけ見ると非常に頼りになる方法に思えますが、この時、自分の持っている財産の大半を失うことになります。
車や不動産など、ある程度の価値のある財産は全てお金に換えなければなりません。
しかし、全ての人がこうした財産をもっているわけではありません。
例えば、東京地裁では50万円を1つの基準としており、50万円程度の財産が無い場合には自己破産ではなく同時廃止となることが多くなっています。
つまり、自己破産はある程度の財産が無ければ申し立てることが出来ないと言えます。
引越しするにあたってまずは費用調査から

メニュー