自己破産の手続きについて

借金の返済がどうしても出来なくなってしまった場合、自己破産するという選択があります。
自己破産を申し立てる場合、自分の住んでいる地域の裁判所に申し立てをします。
申し立て後しばらくすると裁判所から呼出状が届きます。
そこで裁判所に出向き、自己破産を申し立てることになった経緯などについて詳しく説明をします。
これは破産審尋と呼びます。
この時、これまでの借金返済の支払い方法なども併せて説明しておく必要があります。
弁護士に自己破産手続きを依頼している場合、こうした時も弁護士が代理人として対応してくれます。
また、借金返済に充てられるような財産が全く無い場合、同時廃止という対応になり自己破産手続きがすぐに完了することになります。
逆に借金返済に充てられるような財産、例えば車や不動産などがある場合、破産管財人によって破産手続きが行われ、財産をお金に換えて債権者に返済していきます。
しかし、自己破産を申し立てた時点でこのような財産を所持している人はやはり少なく、多くの場合は同時廃止となるようです。
破産手続きが終わると免責手続きが行われ、この時に借金返済の意思が元々無い、ギャンブルなどでお金を浪費しているなどと判断された場合には免責が下りません。
立川の顔脱毛サロンの人気ランキング!

メニュー